BLOG

LOOK 795 BLADE RS DISCインプレ






こんばんは!
クーラーが動いているのに熱中症になったスタッフミノルです(笑)
熱くないと思っていても水分補給は忘れずに!

ここからが本題
長らく手を付けていなかったLOOK 795 BLADE RS DISCのインプレをしていこうと思います!

※真面目に書いていますが、あくまで私個人の感想ですので半分くらい嘘だと思ってご覧ください。








まずはパーツ構成を簡単におさらいいたします。

フレーム:LOOK 795 BLADERS DISC
メインコンポーネント:SRAM RED ETAP (駆動系はデュラエース)
ホイール:ONEAER DX5
タイヤ:フュージョン5 11ストーム ギャラクティック(TLR)
    PIRELLI PZERO TLR SL




比較対象となる車体ですが、以前乗っていた車体はグラファイトデザイン(自転車事業撤退済み)のメテオ、その他TREK EMONDA SL、SCOTT ADDICT、PINARELLO DOGMA F10などには試乗したことがございます。




葡萄坂を登ってのどか村を通過しフラワーロードへ
登り、下り、平坦すべてを試せる便利なコースです。





平地はめっちゃ速い!
平地での巡航が明らかに楽です。
特にスピードの出る下りでは以前のバイクに比べて5㎞/h位速くなっている感じがします。
平地ではエアロロードでなければ勝てない時代が来ていたんだな…

剛性は抜群なのでスプリントでの加速はピカイチ!
蹴った分だけ進むと同時に疲れるので、気持ちよさに任せて踏むとあっという間に限界が来ます(笑)




安定感が抜群!
初めてのスルーアクスルの車体ということも大きいかもしれませんが、これまで乗ったどの車体よりも剛性の高さを感じます。

しかし、振動吸収性は悪くありません。
チューブレスタイヤの恩恵も大きいですが、特にリアの振動吸収は良く地面に張り付いている感覚があります。
速いスピードの出る下りでも恐怖を感じない安心感のある走りをしてくれます!




MAVICのスピードリリーススルーアクスルを
採用したフロントフォーク




曲がり方は少し独特?
一番近いのは以前に乗っていたメテオ。
ハンドル自体はクイックに動くのに実際の曲がり方は若干外に広がっていく印象、慣れのなさのせいかもしれません。
好みによるところが大きいので表現が難しいですね。
一番似ていないのはSCOTTのADDICTだと感じました。




定番の十三峠




登りは不得意?
エアロロードなので当然ですが、EMONDAやADDICTで感じた軽快にバイクを振る乗り方は合っていない(と言うか自分には出来ないだけ?)の様に感じました。
よく言われる休むダンシングは難しいです。

フレームの剛性は高いため、蹴った分はしっかり進む、というか思っていた以上に速いです。
車体に合った乗り方さえつかめば重量で劣る車体にも負けない感覚があります。




まとめ
平坦特化のエアロロードらしく空力性能は抜群で安定感のある走りが特徴的なレースバイクでした。




ブレーキが効くので雨の日も走ってみたくなる




おまけ
今回試しに組んだメカニカルディスクブレーキ(ワイヤー引き)は思っていた以上に性能が良かったです。
どれくらいの性能かと言うと、リムブレーキのデュラエースにアルミのホイールやカンパニョーロのカーボンホイールを合わせた状態よりは効きます。(特に雨の日)

もちろん油圧のブレーキのほうが良いですが、様々な事情からどうしてもコンポの載せ替えをしたいと言う方にはおすすめです。




ディスクロードの購入で悩んでいる方、LOOKに乗りたい方の相談お待ちしております!