BLOG

~続~コスパ抜群!?TREKのミドルグレードカーボンロードバイク【EMONDA SL】


こんばんは!
前回に引き続きミドルグレードのカーボンロードバイク「EMONDA SL」のラインアップを紹介していきます。








↓前回まではこちら








EMONDA SL6 PRO







前回紹介したEMONDA SL6のアップグレードバージョンです。
具体的にSL6とどこが違うのか?
ずばりっ!ホイールとタイヤです!

SL6に付属するアルミホイールの「Paradigm Disc」からSL6PROはカーボンホイールの「Aeolus Elite 35」に、タイヤもそれに伴い28Cではなく25Cの細いものに変更されています。







ホイールの性能差は走りの差に大きく影響します。
前回レースにおすすめできるのは、SL6と紹介しましたが、やはりホイールは良いものに変えたいというのが本音でした。
そんな唯一気になる部分「ホイール」が良いものになっているので、ずっとそのまま乗り続けてしまうような1台です。

定価は440000円(税抜)となっております。
ホイールにカーボンのモデルが付属することを考慮すると最もコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか!?(スタッフミノルの感想です。)




EMONDA SL7







シマノの電動コンポーネント、アルテグラDi2(R8070)を搭載したモデルです。
電動変速は使うと機械式に戻れなくなるので非常に注意が必要です(笑)







ステムやハンドルなどのコンポーネントも上位のグレード(PRO)でまとめられており、カーボンが使われていないパーツはステムくらいしか見当たりません!

総重量は56サイズで7.74kgとEMONDA SLの完成車ラインアップ中で唯一8kg切りを達成しています。

定価は579000円(税抜き)となっており、電動コンポーネントにカーボンパーツを多数使っていることを考えるとバラから組むよりもかなり(10万円以上?)お得な内容となっております。




最後にフレームセットの紹介です!
フレームセットといえば付属するのはフレームとフロントフォーク、それと少し小物(ヘッドのベアリングやスペーサーなど)だけです。







今回のEMONDA SLフレームセットの価格は定価200000円(税抜)と手の届きやすい価格となっております!
EMONDA SLRに付属する「Aeolus RSL VR-C Handlebar / Stem」も取付可能ですので、SLRもどきを組み上げるなんてことも可能です!







パーツをすべて選ぶのもいいですが、組み換えはさらにおすすめです。
今回の新型エモンダは様々な部分が最先端を行っているので、現在アルミのディスクブレーキロードに乗っている方には特におすすめです!
車体の違いを存分に感じられること間違いなしです。




今回はEMONDA SLを紹介いたしましたが、以前の記事も是非ご覧ください。
最後まで読んでいただいてありがとうございました!

またEMONDA SLRのラインアップについても紹介いたしますので、お楽しみにしていてください。