BLOG

知っていますか?自転車のライトに関するルール③(ライトの選び方編)


こんばんは!スタッフ ミノルです。
今回はルールではなくライトの選び方をご紹介いたします!








↓前回まではこちら








ライト選びで欠かせないポイントは3つ
・明るさ
・バッテリー容量
・マウント形状 (自分の自転車に取り付けることができるか)







例えばボントレガー製だとライトは画像の5種類、全モデルで明るさとバッテリー容量が異なっています。







100ルーメンや200ルーメンでは夜間に街灯のない道を走るとき障害物の発見が間に合わず事故になる可能性が非常に高いです。
夜間は街灯のある場所を中心に使用するのがおすすめです。







夜に走ることが多い方には350ルーメンや400ルーメン以上の明るいライト、峠道などスピードが出たり曲がることが多い場所を走る場合は800ルーメン以上のライトがおすすめです!※個人的な印象です。

ライト選びで一番気をつけるのは自分の用途以上の明るさものを選ぶということです。
明るいライトのバッテリーは大きいので、想定よりも長い時間走ることになったりした場合など、不測の事態にも対応できます!

安物買いの銭失いにならないように気をつけて選ぶようにして下さいませ。
ちなみに私はなんやかんやで4個くらい買ってしまっています(笑)

次回は様々なライトを紹介いたします。
変わった機能を持ったものも紹介いたしますので、ご期待ください!