BLOG

堺クリテリウム

店長レースレポートです。

昨日はツアーオブジャパンの前座、堺クリテリウムです。

昨年は終止最後尾で展開し、最後に巻き上げて3位でしたが今回はどうでしょう?

今年の作戦も同様に、最後尾キープからの最終スプリント参加が基本になりました。

理由

その1 非常に逃げが決まりにくい(コース特性上逃げ切るには相当自足が必要であり、そういうレースが出来る選手は不在、大観衆の前なので選手はいつもより興奮状態なので集団は常に活発になりやすいので、逃げること自体難しい)

その2 最後尾は安全(サラリーマン故安全に帰るのは第一目標です。安全地帯は前か後ろですが、前は前述の通り活発な動きが続くのでポジションキープに労力を使います。後ろはポジション争いが無いので余計な事をしなくて済みます。しかし、前方での落車や逃げへの反応は全て他人に委ねることになりますので、非常に運任せなところがあります。展開も消極的で、結果を出したとしてもあまり良い風には見られません。それでも、これも前述の通り、集団は普段より興奮状態で、滅多にない公道レース故に落車が多いのです。やはり安全第一です。)

その3 最後尾で走ることで、ほとんどブレーキせずにコーナーリングが可能(コーナーリングが卓越していれば、集団が立ち上がりで加速するのを無視できます。なぜなら次のコーナーで差が詰まるからです。コースの特性上ノーブレーキで曲がれるのは前方5人のみです。他50名弱はブレーキしては加速を繰り返さなくてはなりません。私はそんなの面倒臭いので、直線でわざと集団から離れて、コーナーをノーブレーキで曲がり集団に着くを繰り返します。そうすることで常に一定ペースで走ることが可能で足が貯まります。さらに落車があったとしても車間を開けるので落車回避する時間ができます)

という事でレースは道中、何もせず着いていくのみ。

見ていた方は離される店長をみてやきもきしたでしょう笑

落車もありましたが、予定通り回避でき、残り1周でようやく先頭へ。

最終コーナー5番手と若干後ろで、前の選手がコーナーでふくらむあおりを頂いて思いっきり先頭から離れてしまいました。

踏み直しますが時すでに遅し。

5着でのフィニッシュとなっております。

来年への課題は『最終コーナーをゴールと思って突っ込め』という事にしておきましょう!

IMG_1849R
photo: Teramoto

 

https://www.facebook.com/b.bikintv/?fref=ts

BikinTV  2016堺クリテリウムE1 ダイジェスト