BLOG

今年最強のホイール!?【MAVIC COSMIC SLR 45 DISC】


こんばんは!スタッフ ミノルです。








先日MAVICから2021モデルのホイール「COSMIC SLR」が発表されました。
レースからブルベまで様々な状況、用途に対応できる万能ホイールに進化していて絶賛感動中でございます。
今回は先駆けて入荷した「COSMIC SLR 45 DISC」をご紹介いたします。(発売予定は11月)








まずは基本スペック

対応タイヤ:チューブレス、クリンチャー
リムハイト:45mm
リム幅  :外28mm、内19mm
重量   :1470g
税抜価格 :250000円

数値では光るものは見えませんが…




ニップルホールの消えたリム




今回はリムテープレス、DISC専用設計となりリムの重量は大幅に軽量化(前モデル比で約60g減)

前モデルと比較してリム内側の形状が大幅に変更されたことでタイヤは嵌めるのも簡単に、外すのは大幅に簡単になりました。

リムテープもなくなったことでテープが原因のエア漏れもなくなり、チューブレスのカーボンホイールとしては最高の使い勝手を実現しています。

どうやってリムテープをなくしたのか?その秘密はスポークの固定方法に隠されていました。







独自の「FORE CARBONE テクノロジー」と呼ばれるリムにネジを切る特殊な構造によりニップルを外から固定できます!

以前からアルミリムの上位グレードでやっていた方法ですが、まさかカーボンで実現するとは…(恐るべしMAVIC)

スポークはMAVICが特許を持つ楕円形状エアロスポークを採用




新型のインフィニティプラットフォームハブ




なんとこのハブ、スプロケやローターを外さずにスポークの交換が可能!
おまけに前後左右で同じ長さのスポークを使用しています。

これまでは手持ちのスポークと長さが違って使えなかったりしましたが、今回は1本あればどこに使ってもOKな優しい作りです。

ラチェット構造は引き続きインスタントドライブ360を採用していますが、2021全DISCホイールモデルでハブを共通化しました。補修部品が手に入らない時代は終了です。

この思い切った変更の裏にはシマノ12sの影が潜んでいるようにも思います。(ただの憶測です)




最後に実測重量をご覧ください!












前後合わせて重量1498g、公表値から多少重いですが誤差の範囲だと思います。
(SMJステッカーを剥がせばあるいは…)

MAVICは製品の保証規定も最近見直され5年保証へと進化しています!
性能、使い勝手、サポート、どれをとっても最高級へと進化しているので、ホイールの購入を検討されている方はぜひご検討くださいませ。