BLOG

パワートレーニングの用語(基本編)


こんばんは!田中(み)です。
パワーメーターを使っていると「〇〇さんFTPなんぼ?」とか「TSS300超えてるし今日の練習はきつかった。」などといった会話をすることがあります。








今回はそんなパワートレーニングの用語として重要なFTPとTSSについて解説します。

FTPとは…
Function Threshold Power(機能的作業閾値パワー)の略称です。
ライダーが疲労せずに出し続けられる平均パワー値のことを言います。
FTPを上回っていればすぐに疲労しますが、逆に下回っていれば長時間そのパワーを維持できます。
FTPはパワーメーターを使って行うトレーニングや疲労の管理の基準となる数値です。
簡単に言うと強さを示す数値(自転車乗りの戦闘力)です。

パワーメーターを導入していただいたお客様にまずやっていただくのはこのFTPを計測するテストです。

TSSとは…
Training Stress Score(トレーニングストレススコア)の略称です。
トレーニングによる負荷を数値化したものです。
FTPを1時間維持した場合は100という数値を示すように定義されています。

簡単に言うと体へのダメージを表した数値です。


150を超えると翌日にも疲労が残り、300を超えると翌々日まで疲労が残るとされています。
このように自分の疲労と共に回復期間まで知ることができるので、非常に便利な数値です。


TSSの数値を正確に保つためには定期的にFTPを計測する必要があります。
FTPの測定を長らくやっていない方はこれを読んだことをきっかけにやってみてください。

当店ではスマートローラーを使ったFTPテストも承っておりますので、ご希望の方は着替えとタオルを持参してご来店ください!