BLOG

コロナの影響?珍しい自転車の修理が


こんばんは!
最近は珍しい自転車の修理依頼を多数お受けさせていただいております。








お客様から
「久しぶりに自転車に乗ろうと思ったんやけど…調子が悪くて…乗れるように整備してくれませんか?」そんなご依頼が多数舞い込んできております。





今回は修理依頼でお持ち込み頂いた珍しい車体を紹介いたします。








言わずとしれた名車DE ROSAの「NUOVO CLASSICO」




お客様にお話をお伺いすると購入から約20年ほど経つそうです。
現在預かっている中で最も古い車体だと思うのですが…
すごく状態がいいです!まるで古さを感じません。
これぞクロモリフレームの良さですよね!








一昨年に生産が終了してしまったミニベロの名車「ブリヂストン・モールトン」








当店では取り扱いの終了してしまったキャノンデールの車体も…








当店では納車させていただいた車体にステッカーをはらせていただいております。
もちろん今回お持ち込み頂いた車体にも貼ってありますが、少し前のもののため印象が違います。




スクアドラの歴史が感じられるパーツですね。








他にもスペシャライズドや








プジョーなど








キャノンデールの2000年モデル?「SUPER V 400」








4ピストンの油圧ディスクブレーキの状態は悪そうに見えるもののしっかり動いています!

古い車体でも、使えるものを眠らせてしまうのはもったいないですね。

海外では、外出自粛やロックダウンの影響で大気汚染が大幅に改善されているそうです!
この調子で車の使用を控え、移動には自転車を活用しようという動きが活発化しています。








しばらく自転車から離れていた方もこれを期に再び自転車に乗ってみてはいかがでしょうか?




#GoBybike

自転車の整備の相談をお待ちしております!