BLOG

コスパ最強!?軽くて安いカーボンホイール【ONEAER(ワンエアー)】


こんばんは!スタッフミノルです。
かなり前に紹介の予告をしていたホイールを紹介いたします。












メーカー名はONEAER(ワンエアー)おそらく聞いたことのない方がほとんどかと思います。
2019年に立ち上がったブランドなので知らないのが普通。

知っている人はよほど自転車が好きかホイールで悩みまくっている方かと思います。

ONEAERは以前(去年)に紹介したEVOホイールの生みの親であるAndy Lee氏がトップクラスのエンジニアを集めて作ったブランド。








販売されているホイールはすべてがチューブレスレディ!新しいブランドなので、現代的な内容となっております。








気になるホイールの価格と重量は…

ディスクブレーキ仕様のハイエンドモデル
DX3(1320g)、DX5(1370g)が218000円(税別)
安くはないけど安い!(錯乱)
カタログ値で1300g台のホイールは大抵30万円代に入ってくると思います。

ディスクブレーキ仕様廉価版
D3(1610g)、D5 (1663g)、D2X(1530g、グラベル向けワイドリム)が
158000円(税別)リム表面の模様をなくし、ハブのグレードをダウンしています。




リムブレーキ仕様
RX3(1405g)、RX5(1422g)が228000円(税別)
となっており、一番価格が高いです。
リムブレーキに耐えるリムを作るためにお金がかかっているそうな…

今回はDX5の重量を実測!







若干重い?と思いましたがチューブレス対応のリムテープが最初から巻いてあります。
テープ込みと考えるとカタログ値通り?十分軽いですね〜




DT SWISSの240ハブを使用




DTSWISSはハブのメーカー向けの販売の際、基準が厳しく信頼できるメーカーにしか供給しないそうです。
ONEAERは新参ブランドでありながら、その期待値の高さからDT SWISS製のハブを使用できているそうです。
(実際にはDT SWISSからハブを使って欲しいと連絡があったそうな…)

ホイールの付属品にはチューブレスキット(バルブ、シーラント2本)に加えホイールバックもついてくる超豪華仕様。
これで218000円(税別)はおかしい!

実際に使っているスタッフもおりますので興味のある方はぜひご来店ください。
様々なホイールの相談をお待ちしております!