BLOG

グリップ抜群?P ZEROの名は伊達じゃない!


こんばんは!
最近発売となったピレリのクリンチャータイヤをご紹介します。












新製品として登場したのはP ZERO ROAD(以下ROAD)とP ZERO RACE(以下RACE)の2種類。
価格は・・・
ROAD 6700円(税込)
RACE 9500円(税込)

ワールドツアーレーサー向けのトレーニングタイヤとして開発されたROADと高速レーシングモデルのRACEといった内容。
耐久性重視とオールラウンドモデルといった感じですね。








とりあえずRACEの方を触ってみましたがヤバい!
食いつきすぎて摩擦だけで指の皮をはがせそうです(笑)
他社ハイエンドと比較してもこれほど食いつくタイヤは記憶にありません。

ROADは至って普通の感触です。
ちなみに重量はRACE(26C)が205g、ROAD(26C)が235gとなっております。
RACEの軽さにも驚きですがROADが耐久性重視の割にかなり軽量です!
一体どの程度の耐久性なのかテストしてみたいものですね~




P ZERO ROAD 24Cの気圧表




タイヤを使用する上で最も気をつけたいのは空気圧ですがPirelliはかなり親切に記載しています。
体重別のみならずリム幅でも気圧を変えるように記載されているものは初めて見ました。
あくまで目安の数値ですが、この通りにするだけで非常に気持ちよく走ることが出来ると思うのでぜひお試しください!








Pirelliのロードバイク向けタイヤといえばチューブレスタイヤの発売以降は幅の表記が独特で23Cと25Cは存在せず24C、26C、28Cといった自然な並びとなっています。
しかしタイヤでよくあるのが実際に取り付けて計測すると太い!
最悪フレームに干渉するなんてこともあります。

最近のリムの幅が広がったことにより同じ太さのタイヤでも新しいホイールに付けると幅が変わってしまう為です。
そんな最近の事情を考慮してか…








今回はリム幅に応じて幅がどうなるのかまで書かれています。
Pirelliさんグッジョブ!
古いモデルに多いクリアランスが少ないフレームでも安心してタイヤを選んでいただけます。




ユーザーに親切で丁寧、コストパフォーマンスもよく性能もよし!
Pirelliタイヤ!

タイヤ交換の際はぜひお試しあれ!